頭皮のにおいの原因と対策とは

MENU

頭皮のにおいの原因と対策

頭皮の臭いにおいの正体

頭皮が臭いの原因として、まず、汗腺から出てくる汗と皮脂です。臭いからといって、無駄に出ているというわけではなく、外的から守るために出てくるのですが、それが臭くなることによってにおいを発する原因となってしまいます。

 

炎症によっても、大量に皮脂が分泌されるため、それにより、細菌が多く繁殖し、頭皮の炎症を引き起こしてしまうのも大きな原因の一つとなります。

 

皮脂や脂が空気中の酸素とくっついたり、活性酸素が体内の脂質とくっつくことで、過酸化物質ができることによっても臭くなってしまうということもあります。

頭皮ケアの方法と生活について

まず、シャンプーを見直すことから始めることが大切です。シャンプーに含まれている洗浄成分が強すぎることで、余計な皮脂まで落としてしまうこともにおいの原因の一つです。

 

それは、頭皮の皮脂を落としすぎることによって、先にも書いたように、皮脂は頭皮を守るうえで大切なもののため、それが失われることで、過剰分泌を引き起こし、逆に皮脂を多くだしてしまう原因となってしまいます。

 

次に、皮脂の酸化があげられます。皮脂が酸化すると、動物性たんぱく質が腐ったようなにおいがします。活性酸素が増加することが原因で、それはバランスの悪い食事や飲酒、喫煙、ストレスなどが挙げられるので、そういった生活リズムを整えることが大切です。