頭皮 におい 改善 シャンプー

MENU

頭皮のにおいが気になる場合には

シャンプーの仕方を見直す

頭皮のにおいが気になる人の多くは、しっかりシャンプーができていない、すすぎが充分ではなく、毛穴にシャンプー等の残りが詰まってしまっている事があげられます。もちろん、加齢によるものや食生活でも頭皮のにおいには影響しますが、まずは、シャンプーの仕方を見直して健やかな環境をつくってあげる事が大切です。

 

シャンプーする時はまずしっかりお湯で髪などをすすぐ事から始めます。この時点で、ある程度の汚れは落ちるとされており、そこからシャンプーを手に取り、髪等に直接つけるのではなく、少し手のひら等で泡立ててから頭皮を揉むように洗いながら髪も纏め洗う。そして、シャンプー時間以上にすすぎの時間を長くしてしっかりすすぎましょう。

髪を乾かすのではなく頭皮から乾かす

しっかりシャンプーをしても、生乾きや自然乾燥で髪を乾かしているという人も頭皮のにおいの原因となります。生乾きや自然乾燥はせっかく綺麗にした地肌等に雑菌が湧いてしまいます。地肌トラブルにも繋がるので、遠めからドライヤーをあてて、頭皮からしっかり乾かす事がポイントです。

 

髪だけが乾いていても、地肌がジメっとしていたら、完全に乾いていない証拠です。また、頭は体同様に汗をよくかく部位です。髪で覆われていても普段の生活の中で空気中のチリ等も付着したり毛穴詰まりもします。それらは雑菌の繁殖に最適な環境となる為、まずは、べたつき等を抑え、地肌を健やかに安定させる事から始めましょう。